最新記事一覧

カリキュラムは国毎に違う

男女

内容を参考にして学ぶ

基礎ができていないとビジネス英語スクールに通えないと考えている人も少なくありませんが、学校によって対応は異なります。ビジネスパーソンとして大成するために、あえて厳しい学習カリキュラムを実施している教室も少なくありません。また、通う教室によってビジネス英語で使われている英語の中身が違うため、最初は戸惑う人も少なくないといわれています。日本で学校教育によって学習できるのは米国英語といわれているものですが、英国では英国英語を使っていることが大半です。海外に研修に行った際、米国に行くか、英国に行くかによって使われるビジネス英語の中身が大きく異なる為、前もって行く国を確認してください。学校によって教えているカリキュラムが異なるといっても、ビジネスパーソンの場合には英語自体が異なる為、慎重に選ぶことが重要です。学校によってはオリジナルのカリキュラムを作ってマンツーマンで指導してくれるところもあるといわれています。なお、ビジネス英語を学ぶだけでなく、国際資格を取得する場合には、さらなるカリキュラムの検討が必要といえるでしょう。スクールによって学習できる内容が異なるだけでなく、資格を取得するまでの授業内容も大幅に異なるからです。ビジネスパーソンとして英語が必須となる会社は少なくない為、前もってカリキュラムをチェックして通えることが重要といえます。また、通うときにはある程度前もって通っておくことで、急な出張や異動にも対応できるため、早目早目で活動をすることがいいといえるでしょう。